有限会社丸栄ガクブチ

京都市伏見区 和・洋美術創作用品 大型画材専門店

 

情熱空間丸栄ガクブチ 今やらねばいつできる!!丸栄がやらねば誰がやる!!
イベント情報

 

トップページ

 

和風フロア
洋額フロア
描画材料のフロア
油額のフロア
インフォメーション

京都市伏見区の丸栄ガクブチは、和・洋美術創作用品の専門店です。関西屈指のディスカウントを誇ります。


丸栄ガクブチの3つの信念

1)インターネット通販反対論
画材は実物を観て、試し、商品説明が必要なもの。額は実際に作品と額を付き合わせ、ベストの額装をするものです。
故にネット販売はお客様の描画レベルを低下させ、額装の楽しみを奪っています。

京都(都会)のネット販売店が地域密着型の地方店舗とそのエリアとのお客様との需要と供給のバランスを崩す必要があるのか?画材店は商品の販売と共に、お客様の描画レベルを向上させる為の交流の場であるべきなのです。

ネット販売による業界衰退の連鎖
1.商品説明が必要な画材が説明なしに販売されている。
             ↓
2.専門性の高い画材を理解不足のまま使用し、結果、商品に対する駄目だしとなる。(使い方も理解せずに画材や店のせいにするな!なぜ駄目なのか考えよう!)-丸栄店内のPOPより。
             ↓
3.制作に対する楽しさ、技術、意欲の低下。
             ↓
4.絵画人口の減少、美大生の定員割れ、レベルの低下。
             ↓
5.これで良いのかネット販売している全国の小売店さん!!
これでは駄目だ!という思いで丸栄は絵画道場を開きました。



2)丸栄絵画教室ではなく、何故道場なのか?
絵画を長く続けてもらいたい、上達してほしいと言う強い思い。この思いから丸栄の社員が講師になり、的確に、時には厳しく指導しています。(スタッフは日洋会会員・日展入選/白日会会友)
基礎が出来ていないと感じている方、長年続けてもさほど上達が感じられない方、一度見学に来てください!(詳しくは、道場案内のページへ)


3)描画材料に対する専門店としてのこだわり
メーカーに偏らない消費者目線で、新商品が発売されても試して分析評価し意味のある商品のみ揃えます。画材に対するQ&Aは、書籍やSNSのやりとりだけでは十分に伝わりません。専門知識を持った社員がお客様との会話から微妙なニュアンスを引き出しアドバイスをするように心がけています。
要求していた答え以上、微妙なニュアンス、裏技的なものが帰ってきたり、双方の情報交換の機会が生まれ相乗効果が有ります。
絵を描くことは、1+1=2ではないのです!画材店との交流なくして材料を使いこなす事はできないのです。!!



丸栄は関西最大級の品揃え、ネット販売に負けない価格、そして上記信念を持ってお客様のご来店をお待ちしております。